迷えるイカ記

プロフィールの倉庫に使ってますが、たまに私の為の好きな洋楽ムージックヴィデオ集という恐ろしい記事を書くかもしれませんので閲覧には注意してください。

特定のアドレスからメールが届いたらスマートスピーカー CLOVA WAVEに通知を送る[IFTTT]

昨年我が家にスマートスピーカーCLOVA WAVEがやってきました! 数か月使ってみた感想としては「アシスタントとしてなかなか良いものだなぁ」と言う事です。
我が家はCLOVA WAVEで何をやっているのかと言うと、主に

  • LINEの送信、受信
  • 音声タイマー 照明やテレビの操作(赤外線)
  • ラジオ、音楽の再生
  • 天気、ニュースの読み上げ

clova.line.meLINEは夫から帰宅通知があるので、確認、返信、そしてタイマーをセットして夕飯の仕上げとか作業などに毎日使っています。これはすごく便利です。
音楽は期間限定でLINE MUSICの一年間無料サービスがついていました。音声操作ももちろんできます。しかし洋楽は音声操作がびみょうかな。私はAppleMusicを登録しているので、そちらをBluetoothでスピーカーに接続して使う事が多いです。音が良くて、バッテリー内蔵なので台所に移動させて使う事も多いですよ。
これは毎回ブログを楽しませてもらっているリンゴ日和のひーたむさんの記事を見て購入を検討しました。

www.ringobiyori.com

かわいいは正義

私なりに色々調べてLINEの音声送信、音楽と言うのは我が家にあってるなと思い購入しました。スマートスピーカーはグーグル、amazonの2強となってますね。操作性や音声認識は2強の方がよいそうですが、LINEを簡単に送受信できるのは、LINEは強いですね。
CLOVAはスマホのアプリで設定を行いますが、LINEは家族のアカウントとは別に一つCLOVAのLINEアカウントがあるという考えだとわかりやすいと思います。

f:id:usausamode:20180419172014j:plain



なーるほど!

その他には、 グーグルカレンダーでのスケージュール管理(読み上げのみ)、音声翻訳(日本語→英語、中国語)などの機能があります。 それに加えて最近IFTTTとの連携が始まりましたので、IFTTTを使ってLINE以外の他のサービスからLINE CLOVAに通知を送ることを試みてみようと思いました。

IFTTTというのは、  IFTTTとは 「IFTTT」は「IF This Then That」の頭文字を取ったサービス名称。もし「ユーザー自身が」コレ(This)をしたら、その時(Then)は「IFTTTが自動的に」アレ(That)をしてくれるという設定を行い、複数のWebサービスを連携させます。「This」にあたる操作を「トリガー」、「That」にあたる操作を「アクション」と呼びます。

ifttt.com
今回は「IFTTTを使って特定のアドレスからメールが届いたら、CLOVA WAVE(以後CLOVA)に通知を送る」と言う機能を実装させようと思います。
まずはIFTTTを連携させるGmailアカウントを作ります。既存のアドレスでもいいですが、連携させるというのは、コントロールを一部IFTTTに預ける事になるので、セキュリティーの対策の一つとしてです。 アドレスはスパムや間違いメールを防ぐために、長めのアドレスでランダムなワードを入れて、分かりやすいようにIFTTTと言う言葉を入れました。
さて、本題のIFTTTの設定に入ります。 IFTTTへの登録がまだなら登録してアカウントを作ります。アカウントはグーグルアカウントでも作る事ができます。

操作はこちらの
IFTTTを使って特定のアドレスからGmailに届いたメールをLINEに転送する

www.atmarkit.co.jp
という記事とほぼ同じで、LINEがCLOVAに変わるだけです。こちらのサイトではIFTTTについても詳しく説明があるので、IFTTTに興味があるならぜひ目を通してください。この記事では、若干簡単目に紹介していきます。(雑)

まずは、ログインすると右上にユーザー名が出てきます。ユーザー名をクリックして出てくるメニュのうち「New Applet」 を選択すると if this then that の設定の画面が出てきます。
f:id:usausamode:20180419154305j:plain
Thisをクリックし、出て来たフォームにGmailと入れて検索。Gmailを選択すると最初はCONNECTと出てくるので、FTTTとGmailとの連携を認証します。
f:id:usausamode:20180419143724p:plain
認証が終わるとGmailのアイコンをクリックする。次の画面で複数のトリガーが出てきますので、「New email in box from」を選択。

f:id:usausamode:20180419144426j:plain
通知させたい特定のメールアドレスを入力して「Create trigger」をクリックして設定。
これでThisの設定は終わり、次はThatの設定の画面が出てきます。
(今回はテストなので今使っている自分のメールアドレスを入力します)

ThatをクリックしCLOVAとフォームに入力して検索すると、CLOVAが出てくるので選択。Gmailと同様に最初はCONNECTと出てくるので、IFTTTとCLOVAとの連携を認証します。

f:id:usausamode:20180419145122j:plain


アクションは「通知を送る」と、一つだけだけなので「Clovaデバイスに対して通知を送ります」を選択して、通知する内容を編集します。そのままだと「SUBJECT(件名)」件名だけになりますので、「Add ingredient」から通知したい項目を選んで追加。

f:id:usausamode:20180419145830j:plain


今回は「FROM NAME(送信者名)」を追加し、わかりやすいように助詞をつけます。 {{Subject}} {{FromName}}からメールが届いていますんーこんな感じかな? Creat actionをクリックし、次に確認画面が出ますのでfinishをクリックするとすべての設定は完了です。LINE宛に通知が届いているはずなので確認しましょう。

さて、テストメールを(Thisの時に設定した今使っている自分のメールアドレス)から送信してみましょう!通知があるとCLOVAの上部に通知在りのランプが付きますので「クローバ、お知らせある?」と聞いてみましょう「IFTTTから・・・」とCLOVAがおしゃべりしたら設定成功です。おめでとうございます。
私がこの機能でする予定なのは、クレジットカードや携帯料金の利用料金確定のお知らせメールなどの通知をCLOVAにすることです。Gmailはメールの自動転送もできるので、メールでも確認もできるし、CLOVAでも確認できるのでより確実に確認できるようになります(やったね)

まずは、サービスのメールの送信先を設定してぼちぼち運用を始めてみようと思ってます(ふぅ)

IFTTTはTwitterやそのほかのサービスとも連携して色んな事ができるので便利ですよ。

clova-blog.line.me

ということでばいちゃ。