読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷えるイカ記

プロフィールの倉庫に使ってますが、たまに私の為の好きな洋楽ムージックヴィデオ集という恐ろしい記事を書くかもしれませんので閲覧には注意してください。

グロスマンの「人生と運命」を広めたいかもしれない委員会(仮)

 ワシーリ・グロスマン「人生と運命」(1960年著)

これは、第二次世界大戦中、スターリングラード攻防戦を背景に、物理学者一家をめぐって展開する歴史小説。で、ロシア文学の傑作の一つと言われてるけど、日本ではそこまで知られていないので、ちょっと紹介してみようと思う。
概要はあまりにも内容が複雑すぎるので、紀伊国屋書店さんの方から引っ張ってきました。

www.kinokuniya.co.jp

第二次世界大戦で最大の激闘、スターリングラード攻防戦を舞台に、物理学者一家をめぐって展開する叙事詩歴史小説(全三部)。兵士・科学者・農民・捕虜・聖職者・革命家などの架空人物、ヒトラースターリンアイヒマン独軍赤軍の将校などの実在人物が混ざりあい、ひとつの時代が圧倒的迫力で文学世界に再現される。戦争・収容所・密告―スターリン体制下、恐怖が社会生活を支配するとき、人間の自由や優しさや善良さとは何なのか。権力のメカニズムとそれに抗う人間のさまざまな運命を描き、ソ連時代に「最も危険」とされた本書は、後代への命がけの伝言である。

今では一般的になっている、「ナチとソ連全体主義体制の同一性」という観点を軸に、ファシズムに対抗する個人の善の脆さなどが描かれてる。とにかくあついぜ。(本の厚さも内容も)
まずは読む前の、ポイントを押さえてみようと思う。

  • 作者のグロスマン自身がスターリン政権下の従軍記者で、当初は体制側としてソビエト軍を称える記事を書き、あくまでも体制側として活躍していた事
  • 従軍記者としてスターリングラード攻防戦の記事を書き、ユダヤ絶滅収容所について世界で最初の報道を行った人物である事
  • 彼はユダヤ人で、彼のウクライナの母親がユダヤ人収容所で亡くなった事
  • 「人生と運命」を出版社に原稿を持ち込み出版を断られた後、密告によりグロスマンは家宅捜査を受け原稿類は没収された。
  • フルシチョフ(参考:スターリン批判政権下でフルシチョフに直接出版を嘆願したが、「あなたの本はすべての共産主義者に害をなす。」と再度拒否される。
  • グロスマンの死後、彼の遺言通りに、「人生と運命」は密かに海外に持ち込まれ海外で出版される事になる。(紆余曲折の後、完全版が出版されたのが1989年)

 まず、印象深いのが、この小説の一場面。

「わたしは自由なのです!わたしは絶滅収容所を建設しています。わたしは『いやだ』と言うことができるのです!神父様わたしは『いやだ』と言います!」

「さあ始まるぞ、道を踏み外し高慢ちきになった羊に対する司祭の説教が」

ドイツの捕虜収容所で捕虜のイコンニコ囚人仲間から聖痴愚者と言われている元トルストイ主義者チェルネツォフメンシェヴィキ亡命者:参考プレハーノフガルディー(イタリア人の聖職者の前で交わす会話。自分が収容所のガス室の穴を掘っていると察し、収容所の中でも神の教えに従おうとするものの、それを冷ややかに見下す社会主義者。

これは第2巻のイコンニコが小さなメモに書いた文章につながっていきます。内容は「善とは何か」について問われたもので、キリスト教仏教の善の観念についても触れられ、最後に「人間的なものが人間の中で殺されてないとすれば、もはや悪は勝利を収めることはない」と言う言葉で締めくくられている。

この考え自体が、おそらくこの小説の全体のテーマで、主人公のヴィクトル(物理学者、科学アカデミーの準会員)の元に、ユダヤ人収容所に収容された母親から送られた手紙にもこのような事が書かれている。

ファシズムとは個人(人間)という概念を拒否し、集合としてあつかう。ファシズムが存在する時人間は存在を止める。しかし自由と理性と善良さを持つ人間が勝利した時ファシズムは死ぬ。

(この母親からの手紙の章は「ラスト・レター」というタイトルで映画化されている。)

この「人生と運命」と言う小説でグロスマンが主張している「個人としての人間は常に ”ファシズム"との戦いに脅かされている」という訴えが私の中に深く刻み込まれました。2部から始まるスターリングラード攻防戦。この部分も戦記として大変読みごたえあります。とにかく傑作です。

ヨーロッパでは80年代末に出版されたこの本は、残念ながら日本では2012年になってやっと翻訳出版されました。80年代末の日本はバブル末期でグローバル経済でイケイケだった時期でもあります。

が、しかし今はどうでしょう。先日のフランス大統領選挙を見る限りは、世界はグローバル化が進んでいる一方で、グローバル化の恩恵を受けられない人達も多く存在しその中にはグローバル化に強く反対する勢力も多いという事。マクロン大統領は、規制緩和推進派で、中庸と言うより、ネオリベとも受け止められています。それに対抗したのが、極右政権のルペン氏だったわけです。棄権者も多く出、選挙結果に不満を持つ人たちによるデモも起こっています。ネオリベ(親ユーロ派)と排外主義(反移民派)は、単純な「自由」対「レイシズム」の戦いじゃない事は押さえておかなければなりません。移民に反対しているのは、差別主義者とは限らないし、規制緩和「自由」が必ずしも良い結果をもたらすとは限らない事は、日本人は、非正規社員問題等を通して身をもって知っているはずです。「自由」が強い権力を作る事はあるのです。

大きなうねりの後には必ず大きな反動があるのじゃないかと世の中を見守っている人はいるでしょう。そこにグロスマンが残したこの本が、おくりこまれたのは、それは偶然にしても決して悪くないタイミングなのじゃないのでしょうか。

 

にゃ。

 

 

ドールコーディネートした

www.kinokuniya.co.jp

 和のドールコーディネイトレシピと言う本を参考に、ネオブライスの着物を作ってみました。ブライスとはファッションドールの事で、リカちゃんみたいな物だと思ってもらえばいいと思います。全長はだいたい28cmで、洋服はリカちゃんのは少し小さいです。これに、色々洋服を作って着せて飾るのが私の趣味の一つなのです。趣味といっても、思い出したように作るので、ずっとコレクションケースに飾ったままで着せ替えもしてなかったので、ドールの髪がペタペタになっていてシャンプーする事になってました。ごめんね。

 

ドールの着物を縫うのは2度目で、前回は綿のハンカチで羽織まで作ってみました。今回は、派手で着る事もないだろう母から貰った小紋の着物がドールの服や小物の裏地とかによさそうだったので、解いて作る事にしたのです。にしても生地も余ってるし、母にも要るならあげよとは言ったけど、オークションで売るかなぁ。

 

f:id:usausamode:20170328124054j:plain

こんな感じになりましたが、どうでしょうオホホ。ドールに合う小物がなかったので、ギターのミニアンプを飾ってみました。実際にもギターアンプとして使える物なのですよ。

f:id:usausamode:20170328124056j:plain
 型紙が付いてるので、コピーして布に印をつけてチョキチョキして縫います。着物は、ギャザーが無くカーブも少ないので、初心者でも縫いやすいとは思いますが、経験が無いと、たぶん難しく感じかもしれません。でも、手縫いで縫えるし、もちろんミシン使っても作れますが、襟は基本的には手縫いです。

f:id:usausamode:20170328124053j:plain

 今回紹介したい(?)商品は仮止めクリップというやつです。普通は縫い合わせには、マチ針を使うと思いますが、クリップで留めても縫う事が可能です。本来はニットソーイングや、薄手の生地等に使う事が多いですが、綿とかポリエステルとかで使ってもOKです。ちょっと重みがあるのが難点です。洗濯ばさみでも代用可能ですが、これは小さくて、構造上つけたままミシンで縫う事も出来る点が洗濯ばさみよりも優れている点です。

Clover 仮止めクリップ 22-736

Clover 仮止めクリップ 22-736

 

最近は幼稚園や保育園で、手作りのカバンを作れとかおかしな要望が来るとか来ないとか言う話を耳にします。でも、バッグといえども嫌いな人は苦痛だろうし、小さい子供が居るのにミシンとか針とか使うの嫌だなぁなんて人も居るでしょう?クリップだって小さいから誤飲したら大変だけど、待ち針が一本無くなったに比べたら、まだいいと思いますが、どうでしょうか?

 さて、ブライスの話に戻りますが、着物は着つけるのがちょっと大変です。体系をカバーするために補正が必要です(人間にに着付ける時もですけどね)。本には作りましょうと書いてありますが、化粧用のコットンをマスキングテープでぐるぐる巻きにしてます。問題なし!

f:id:usausamode:20170403184038j:plain

絞りの帯揚げを出してきて、ドールの帯揚げにしようと思い、再着付けしてあげました。ちょっと華やかになりましたね?絞りの帯揚げなんてヤングしかしないでしょうし。でも一応シルクなんだぜ(たぶん:貰い物だけど)。豪勢だろ~

 

f:id:usausamode:20170403184047j:plain

という事で、ハイパー無職クリエイたんのうさたんもいつか作ってみましょう!

blog.gyakushu.net

続きを読む

じーちゃんは荒野を進む

まずは、こにゃにゃちわ。アイコン、プロフィール画像を変更しました。

f:id:usausamode:20170316145715j:plain

アイコンは、ツキウタ、Six Gravity(シックスグラビティー)如月 恋くんです。アニメでは名探偵「こいっく」を演じていました。ちょっと春っぽくてかわいいっしょ?
相変わらずファッキンダンボールな生活をしています。


今回は映画を紹介してみようかと思います。書き散らかしてみたので、気が向いたらどうぞ。(ネタバレ無し)

独裁者と小さな孫 監督 モフセン・マフマルバフ

f:id:usausamode:20170316142624j:plain

 

独裁政権に支配される国。ある日、クーデターが起こり、老いた独裁者は幼い孫と共に逃亡を余儀なくされる。 彼は多くの罪なき国民を政権維持のために処刑してきた冷酷な男だった。荒れ果てた地で暴徒化する市民を前に変装で素性を隠しながら、独裁者と孫は海を目指す。 目の前に広がる暴力と憎しみの連鎖に、自らの犯してきた罪の深さを思い知る独裁者。人間性を取り戻していく独裁者と孫が逃亡の旅で目のあたりにするのは、”絶望”か”希望”か。彼らに待ち受ける衝撃的な結末とはー。

 

この映画は、ずるい!何がずるいかって、この独裁者のじーちゃんが、シュッとしてなんだかカリスマ性があってイイんだもん。日本映画で言えば、寡黙な武士役とかやってそうだし、普通は独裁者と言うと、だいたいちょび髭生やしてるか、岡田 眞澄か、スーパーマリオブラザーズワリオみたいじゃん?このじーちゃんも髭は生やしてたけどさ。東アジアにはガチの金正日とかもいたわけだけど、こいつはそこら辺で短パンタンクトップで歩いててもおかしくないからまぁいいとして。そして何よりも孫が可愛い。私の甥っ子の小さい頃か?って思うくらい。悪い奴の子供や孫なんて、だいたい、まるっこくてサスペンダーとかしてそうじゃん?でも、この子はとても愛らしい。その愛くるしい眼を通して、じーちゃんを見るわけだから、独裁者がただの孫を愛するじーちゃんになる訳だよ。するい...。かといって、金正日とまるっこい子供が主人公だったとしても、それはそれで抜けてて、コミカルだろうしなぁとかも思うけどさ。そもそも、この映画も全体的にはシリアスなんだけど、所々に頬が緩む場面とかもあって、それもなんだかずるいし、町中のやつらもヒャッハー!!って悪い事やってて、一応じーちゃんはクーデターから逃れてる身なわけだから色々起きて、その都度「じーちゃん頑張れ!」ってやっぱり一緒に震えながら応援したくなっちゃうんだよ。
でも、心のどこかにはじーちゃんは冷酷非道な独裁者と言うのはあるので、その間で心が振り子のようにゆれるわけだよ。まったくもってズルい!

でもね仕方がないの。
これはただの物語だから。けれども、現在この世界が受け止めるべき生や悲しみ、そして愛が詰まっている。二人が進んで行く荒野が、人々の情動が圧倒的な美しさで描かれていて、あなたはただの傍観者でよいのか?と問われているような気がして心がざわつく。

続)組織的にブックマークを行なってるスパムサイトについて

クラウドソーシング(クラウドワークス)を使ったと思われるスパムサイトが何個か(まだまだ)TOPページに上がってきてますので報告します。お金で雇われた人が、ブックマークをして、新着やTOPページに載せています。ブックマークをして新着記事に載せる役割の人、普通のユーザーを装い(ネガティブ)コメントをする人、ブックマークするだけの人などが居ます。婚活、ブス、ブサイク、出会い、彼女を作るのように反応しそうなキーワードなど使ってコメントを集めようとしています。

ざっと見て40以上のユーザーを使っているので、普通にカテゴリーのTOP記事に載るのは簡単です。(中の人は数人かな)

なんか使ってチャチャっと絞り出せればいいけど、わいCOBOLとエクセルくらいしか使えないのよ〜

前回のブログにも書いているので参考にしてください
クラウドソーシングを使ったスパムについて - 迷えるイカ記

続きを読む

組織的にブックマークを行なってるスパムサイトについて

クラウドソーシングを使ったと思われるスパムサイトが何個かTOPページに上がってきてますので報告します。(お金で雇われた人が、ブックマークをして、新着やTOPページにあげているもようです。ブックマークをして新着記事に載せる役割の人、普通のユーザーを装いネガティブコメントをする人、ブックマークするだけの人などが居ます)

婚活、ブス、ブサイク、出会いのように反応しそうなキーワードなど使ってコメントを集めようとしています。
例をあげれば、このようなサイトです。2月17日にTOPページに掲載され現在コメントが130位付いてます

b.hatena.ne.jp

続きを読む

音楽を愛する人が、自由に語った話

 音楽を愛する人たちが、自由に語り合える場です。 誰が、何を恐れているのでしょうか?

 

 あ、はい。I Say YES!

これから、独りでコノビッグウェーブニ乗りに行こうか~(ビッグウェーヴじゃない)
とはいえ、深く語ることもないですが、今年聞いて良かったアルバムを挙げてみます。
基本的にオルタナティブロックしかないです。

 

f:id:usausamode:20161224140219j:plain

 Nothing but Thieves / Nothing but Thieves

去年の末(だったかな)にリリースされたイギリスの新人バンドです。
ヴォーカルがかなりテクニシャンで、重厚なロケンローをソウルフルに歌い上げてます。魂で、魂で、とにかく聞け!

 

Nothing But Thieves - Ban All the Music - YouTube

続きを読む

スター・トレックを見て来た話(ネタバレ無し)

先日、スター・トレック BEYONDを見に行ってきました。(ネタバレ無しです)
この手のSFを見る時に、夫は若干メンドクサイ時があるので、無理にとは言わないが2009年劇場版(STXI)の最初の30分ぐらいは見ておけ!と、予習をしてもらいました(別に誘ってはないのだけど、あっちが一緒に見に行くって言うから!)
おそらくそこそこ気に入った様子で、最後まで見てから「(あの場面は)普通はこうはならないんだよね(たぶんホーキング博士的に)」とボソッとつぶやく。やれやれ。この手のブツリテキナ話題は私も「きたきた!」的な楽しさがあるし、あっちもマジ突っ込みしてるわけでは無いので構わないのだけど。メンドクサイのは「あれはどうなのか?」とか、過去作を見ればわかる事を色々質問されるのが面倒くさいのです。(と言うか私も全然詳しくないし、最低STXI位は見てたおいたら、関係性が掴めるので楽しみも増す程度なので)私も隣で鑑賞しながら、この手の科学に対する突っ込みに対しては違う物理法則の世界かもしれんから!」というディフェンスを発明したので、劇場版を見た後に使おうと思ってたけど、夫もスタートレックの世界に大満足したようで「スゴカッター!!!」「イントゥ・ダークネスも見ないと!」と、感動しておりました。めでたしめでたし。(チッ)

あ?感想?

パンツは見えなかったけど、■■■と●●●に溢れてたので、星6つです!
☆☆☆☆☆☆

 映画館は撮影禁止なので、映画館は撮影禁止なのでなんとなくドライブ感を味わってもらおうと思って描いてみましたよ!

f:id:usausamode:20161107144640j:plain

足放りだしちゃダメェーーー!!!!(髪切った?)

続きを読む